私が読んで衝撃を受けた写真記事15選


カメラを始めてからというもの他の人の写真を見て少しでも自分の写真に取り入れようと試行錯誤してきました

かなりの数の写真記事を見てきましたがその中でも完全に魅了され、このような写真が撮りたいと心の底から熱望した写真が載っている記事がいくつかありました
憧れ、尊敬もしますがその要素を自分の中に取り入れていずれは乗り越えなければいけない写真たち。いま私の写真も変わらなければならない節目の時ですので私が特に魅入られた写真記事をまとめておくことにします

写真記事15選

Traveling with the X100F
Traveling with the X100F | | FUJIFILM X Series & GFX – Global
Japanese X-Photographer Toshimitsu Takahashi visits Naples and Puglia to capture the everyday life in the southern part of Italy with X100F.

私が最も影響を受けた高橋俊充(@TAKAHASHI_td)さんを富士フィルムの公式ページが海外向けにまとめた記事です
高橋さんの魅力はなんといってもその低彩度の中で息づく生活感だと感じています。どれだけこのイタリアに魅了されたか

X100F 京都STREET
X100F 京都STREET - TAKAHASHI-DESIGN/BLOG
町を歩いていても、何気ない風景に京都は特別なところだと感じる。shot with...

同じく高橋さんの京都ストリートスナップ記事。こちらは高橋さんのHPから
京都の写真はわかりやすい商材写真のようなものが多いですが高橋さんの京都は本当に生活そのものです

Photoset – New York City street photography
Photoset – New York City street photography
Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/takashiyasui/reco-photo.com/public_html/wp-includes/post-template

みんな大好き保井崇志(@_tuck4)さんの記事の中から私が特に魅入ったのはNYの記事。都市としてのカッコよさとその中で生きている人が街を動かしている感が凄い好き
みんな保井さんというと黒とか影について言及するけど私は白と緑、そしてオレンジの色味にその魅力があるんじゃないかと思っています

京都でヘリコプターに乗って写真を撮ってきた話
京都でヘリコプターに乗って写真を撮ってきた話
Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/takashiyasui/reco-photo.com/public_html/wp-includes/post-template

こちらも同じく保井さんの京都記事
私がNYでヘリコプターで撮影したこともあり、それが大好きな京都になればもうしてみたい欲でいっぱい
どうやって現像しているのかも想像がつきませんね

宮島で過ごす一足早い夏休み
宮島で過ごす一足早い夏休み
Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/takashiyasui/reco-photo.com/public_html/wp-includes/post-template

北九州で活躍されているフリーランスフォトグラファーである栗山 喬(@Age_Cox)さんの宮島の写真記事
もう滅茶苦茶うまくてどこからこの色味の落ち着きと大人びな感じが出ているのかまったくわからない
栗山さんの色味は全体的な彩度が低いけれどポイント的に赤と白の特徴的な色味が合わさって大人びて出ているのかなと勝手に思っています

あたし、めりーさん。今、フィンランドにいるわ。
あたし、めりーさん。今、フィンランドにいるわ。 - あたし、めりーさん。今、あなたが心の中にいるわ。
もう帰ってきちゃったんですけどね(いつもの 旅先で更新するつもりだったんですけどカードリーダーがどっか行っちゃって、なくしたーー!!!とがっくりしてたらスーツケースの底から出てきました。ずこー。こういうの書いたりする時にフィンランドのこと知らねぇなぁ、一度行っとくかと思っていってきました。ホントはラップランド行きたかっ

斧田小夜(@pigya)さんがフィンランドに旅行された際の記事ですが、ここ最近で一番衝撃を受けました
フィンランドの美しさにも見惚れましたが何よりもライカのようにも見える色味と解像感に驚きましたね。D750ってここまでできるのかと
フィンランドが行くべきリストに加わったのは置いておいて自分の色味をより考えなきゃいけないと考えさせられた記事でした

郵便局で大盛りカレー食べた
郵便局で大盛りカレー食べた - 適当に行こう
昨日、近所のちょっと気になるお店でごはん食べた話。 ごはん食べに行くだけの外出。 写真多めです。 行ったのはオニヴァ珈琲にてコーヒーをテイクアウト 古pos(コポス:古い郵便局を利用したカフェ)でカレーとコーヒーとガトーショコラと羊羹食べてきました。 最初はオニヴァ珈琲 テイクアウトのコーヒーとコーヒー豆を取り扱ってま

zooさんがお店でご飯食べたという記事でしたが私が目を奪われたのはカフェの外観と席を写した写真の色味
最近ではもう写真の色味ばっか見るようになった私ですがこの店舗内写真の色味と光の落ち着きは完全に理想そのものです

【旅行記②】すべてが絵になる世界遺産の街!チェスキークルムロフを撮り歩く
【旅行記②】すべてが絵になる世界遺産の街!チェスキークルムロフを撮り歩く
前回→【旅行記①】中世の香り感じる美しい街!カメラ片手に歩くプラハ 旅行3日目の朝、プラハに別れを告げ、次の目的地・チェスキークルムロフに向かいます。さてさて、どんな旅になるんでしょうか(*'▽')

ゆるカメライフのmegu(@photo_c_mei)さんがチェスキークロムロフへ行かれた際の記事
シチュエーション・構成共に完璧。私も同じくチェスキークロムロフへ行っていたのですが朝眠すぎて撮り歩きを断念したこともありもっとやれることがあったのではないかと衝撃と共に後悔した記事です

フォトヨドバシ “RANGEFINDER” | LEICA M SHOOTING
[PY] フォトヨドバシ "RANGEFINDER" | LEICA M SHOOTING REPORT

本来写真ってこういうものだよなと反省しなければならないほど写真としての透明感が高いフォトヨドバシの記事
夢物語かもしれませんがもしライカを持つようなことがあればプリセットに頼らないこのような写真を撮ってみたい

NOKTON 40mm F1.2 Aspherical / 鎌倉

日頃交流させていただいているmaru(@m_maru1974 )さんの記事から特に気に入った鎌倉記事
maruさんと言えば鎌倉なのですがそれがNoktonとしかも車という被写体が合わさればもうそれは最強
こんな自然に透き通るような車の写真多分いつになっても私じゃ撮れなそうです

135mmのススメ -3-

snopanさんの鎌倉記事なのですがもう映画みてぇだぁという感動しか浮かばないほど凄まじい写り
影響されてXマウント用に発売されたSAMYANG85mmを買ったのですが何か違う…私では無理だったということか…
こうしてみると写真が上手い人の使用レビューとかって凄まじい効果があるんだなと実感

北海道650キロのドライブ旅~積丹・小樽編~
北海道650キロのドライブ旅~積丹・小樽編~ - Sakak's Gadget Blog
北海道650キロのドライブ旅(4泊5日)に行って来ました。 ここ数年の北海道旅行の目的地は、道央付近にかたまっていました。次は道東か道南か、ということになると思いますが、今回は函館に行きたい気持ちが高まったので、道央から道南へのドライブ旅にしました。函館を訪れるのは16、7年ぶり。 2006年10月小樽・富良野 201

ケイスケ(@keisuke9498)さんの北海道旅行記事をピックアップ
ケイスケさんの夏の京都写真も最高なので迷いましたが私に一番響いたのが北海道の大自然を見事に切り取ったこの記事が一番印象的でした
私がはてなブログでブログと写真を始めたペーペーの頃からケイスケさんは超人気でいつになっても凄いなぁとしみじみします

僕らのイタリア旅行日記 vol.6|フィレンツェ編①

ニシムラタクヤ(@takchaso)さんのイタリア旅行記事ですがその中でもローマ編②とこのフィレンツェ編①が好きだったのでこちらをピックアップ
この温かみと確かな質感がある色味が好きで被写体の好みもあっているからか本当にもう一回イタリアに行きたくてたまらなくなりました。いや、もう一度行けってことですよね、ニシムラさん?

チェコのものづくり。伝統を受け継ぐ藍染め工房と、新たな風を吹き込む孫娘の話|旅、チェコ。
チェコのものづくり。伝統を受け継ぐ藍染め工房と、新たな風を吹き込む孫娘の話|旅、チェコ。
トバログで連載中の『旅、チェコ。』より。 チェコの首都プラハから約280km。この日は早朝からバスに揺られ、スロバキアとの国境付近に位置する小さな田舎町『ストラージュニツェ(Strážnice)』へとやってきた。この街はヨーロッパでも有数の藍染め産業の地だ。

鳥羽さんのチェコ旅行記事ですが最近この記事を見つけて、人を撮るのが上手いなぁとつい魅入ってしまいました
写真の質感というかライカの色味がその場で働く職人さんの息遣いを写真にそのまま表現しているようで理想的な人物撮りです

私は人を撮るのが非常に苦手なので参考にしたいです。というか私はライカ的な少しニュートラルにも感じる色味が一番好みなのかもしれない。富士フィルムユーザーだけど

SNAPS vol.8 / 11月と12月
SNAPS vol.8 / 11月と12月 - Lyrical foto
自身の子供時代には全くの無縁だった仮面ライダー。それが息子の影響で前作のシリーズ、厳密に言うと前々作の終盤あたりから観るようになりまして、ただの子供向け特撮だと思っていましたがいざ観てみるとストーリーが上手く出来ていて意外過ぎるほどに楽しめます。これは過去のシリーズもきっと面白いだろうと普段連ドラの類は全く観ない私がT

RAICH(@raich_foto)さんのスナップ写真記事ですがバイクの写真が良すぎてぶったまげました
RAICHさんの写真は色味も深みがありながらも自然で非常に素晴らしいのですが何よりパースの取り方が独特だなと感じました
すぐにRAICHIさんだとわかりますし独自の世界観があるんだなと写真から強く伝わってきます

さいごに

以上が私が衝撃を受けた写真記事たちでした

本当に素晴らしい写真ばかりで私も追いつこうと日々研究していますが道はかなり遠そうです
自分に何が足りないのか。それはもしかしたら他の写真家の良い写真を見つめることでわかるかもしれません

 

Comment