Photograph Park

美しい風景を、美しいカメラで。
富士フィルムと旅したこれまでの記録をギャラリー形式で

ギャラリーへ
スポンサーリンク

良い写真を撮るために私がやっていること

FUJIFILM

写真を続けているとただの記録から上手くなりたいって意識に変わりますよね
でもその意識を持ってから実際にうまくなれる人とそうではない人がいるかと思います
私も夜景とか大自然を上手に撮影することができない後者側なので家に帰ってから確認してみると全然で苦しむことも多くあります

ですが上手くはなくとも良い写真を撮ることは可能かと思います
旅行していく中で、良い写真を撮るために自分がやっていることが最近少しずつですが把握でき始めたので書いていこうかと思います

とにかく歩く

良い風景は都会、田舎を問わず様々な場所に存在するのでとにかく歩いてみることが肝要
移動だけに留まらず、被写体に寄るという意味でも歩く。スナップ撮影のために歩く。目的の場所のために歩く
結構これが私の写真の大半を占めるのかなと思います

まぁただ単にお金がなくて歩いていたことも結構あったのですがそのおかげで撮れた写真も数多くあるので
車もいいですがたまーには歩いてみるのもいいかもしれません

粘ること

良い場所を見つけたらそこでとにかく理想となる被写体・構図になるまで粘ってみることも重要
自然もそうですけどスナップ撮影とかもどれだけ粘れるかで写真の質が変わると私は思ってます

私が誰かと一緒にいると良い写真が撮れなくなる原因の一つに、誰かといると旅が流動的になりすぎて粘れないことが良い写真を撮れなくしているのではと考えています
勿論粘りすぎて周りの人の迷惑になるのは論外なので邪魔にならない程度に虎視眈々と機会を伺えば良い写真に近づくかと思います

場所を調べる

現地に行く前にGoogle Mapで先にロケハンしておくのが地味に重要
撮影のイメージができますしロケハン中にここで撮ってみたいっていう場所が見つかったりするので撮影を第一に考えると悪くはないかなと思ってます

あと行きたい施設の時間とかもちゃんと調べないかんですよ!基本中の基本ですけど
私の場合はGoogle Mapでロケハンしてマイマップで行きたい場所をリストアップしてます

自由な意識を持つ

私の中ではこれがかなり重要で、自由な意識をもって広い視野になることが大切
どういうことかと言うと私の場合、「自由な意識で」「変わった視点で」といった自己暗示をかけないとすぐに思考停止して
お決まりの構図、つまらないデカデカ日の丸構図ばかりになってしまうという問題があります
無意識というか撮るという意識が低いと殆どの人は記録写真的な撮り方になってしまうと思います

変わった視点を持とうという暗示はわかりやすい被写体以外のものにも意識を向けるきっかけにもなるので
もし決まりきった構図・被写体ばかりになってしまう方は意識を変えてみるのも良いかもしれません

光を考える

写真とは光といっても良いほどにとにかく光が何より重要
撮った後に現像でどうにかしようとしても良い光を拾ってないとどうしても良くはならないので撮影中が光を意識するのが大切です
逆に現像で理想に近づけようとすればするほど光の重要さがわかるので現像をやり込むことが撮影時のクオリティを上げるかもしれません

個人的には朝方と日が沈む前に感じる優しい光がとても好きで、夕日の明るさもいいですが白が銀色にも見える時が一番の撮りどきだと思ってます

構図を体に落とし込む

結局のところ写真も守破離で、初心者のうちは構図を学んでそれを意識しまくって体に染み込ませて
慣れてきたら自由な意識を持って感じるままに撮るのがいいのかなとボンヤリ思ってます

構図をしっかり知っていれば構図を意識しないでも破綻することはないし撮れ高も段々上がってくると思います
まぁ本当に写真の上手い人は構図を練りに練って写真に挑んでいるのでしょうが…
私はその場の発想で生まれた写真のほうがなんか好きかな

とにかく多く撮る

最終的にはアホほど多く撮ること、これに限ります
フィルムなら難しい話ですがデジタルならとにかく数多く撮り、上手く撮れたものだけを厳選して公開していけばボツ写真がどんなに酷くても立派な写真撮りです
色々な構図、被写体の組み合わせを多く撮ることが撮れ高にも撮影技術にも繋がると思うので遠慮せず撮りまくるのが個人的によろしいかと思います

ちなみに私は旅行の際、一日1000枚を目標にして撮影しまくっています。採用されるのはごくごくわずかなんですけどね

思い込みでストーリーを

生活感を撮ろうとあれこれ撮ってみてもその人の人生がわかるわけはないのにまるでその人の日々を撮っているかのような写真が偶に撮れる時がある
つまりは撮影者の勝手な思い込みと撮り方で写真の中にストーリーを生み出すという手法。自分の妄想した設定を勝手に写真の中に落とし込む…
なんて自分勝手なのか…それでもストーリーを撮るというのは生活感を醸し出して個人的には良い写真の条件だと思ってます

写真と妄想の相性は良いのか…?

さいごに

色々書いてきましたが自分はこれらのことを意識して普段撮影しています
そこまで大したことは書いていないですが自分が普段どんなことを意識して写真を撮っているのかってけっこう大切だと思います
私の中では特に撮ろうという意識をしっかり持つことが一番大切。適当、ダメ絶対。

また何か見つけたらその度書いていこうかと思います
よろしければ皆さんも普段気をつけていることなど教えていただければ幸いです

それでは

Comment