スポンサーリンク

私のXマウントレンズの整理と今後の構成を考える


今後のためにレンズの構成を考えてみよう

防湿庫が空いていたからレンズが生えたとか先にボディ買えばレンズが生えるとか3度目の購入ですだとか意味不明なことが起きている人も多いが私はそんなことはしたくない

正直なところ買っただの売っただのそんな話をするのは何だか自分の腕不足から目を背けるようで好きではないのだが本当に必要なレンズが自分の手元にないのであれば揃えてやりたい。ということで今後のためにも備忘録的にXマウントにおいて自分が必要なレンズ・必要ないレンズの姿を明らかにしたいと思う

手順としては、現在の所持レンズ考察→被写体の撮影頻度と好み→自分のポリシーと照らし合わせ→発見
という手順で書いていきたい

スポンサーリンク

過去と現在のXレンズ

最初に今現在私が所持しているXマウントレンズと既に売り払ったレンズを列挙していく

所持レンズ [ズームレンズ]
・XF10-24mm F4
・XF16-55mm F2.8
・XC50-230mm F4.5-6.7
[単焦点レンズ]
・XF35mm F2
・XF56mm F1.2 APD
売却済レンズ・XF18-55mm F2.8-4
・XF50mm F2
・Samyang 85mm F1.8
手持ちレンズ考察

自分の中でレギュラーメンバーとして完全に定着したレンズはXF56mm APDとXC50-230mmのみ

本来はXF16-55mmとXF35mmF2も入っていたのだがXF16-80mmF4というレンズが発売されたので完全に殿堂入りすることは叶わなくなった。
・16-55mm → 重いしでかい。F2.8は良いがそんなには使わないし夜景撮りが下手なので夜は単焦点レンズしか殆ど使わない
・35mm → 小型高画質で好きなレンズだがレンズ交換の都合上持っていきながらも出番がないことが多い。寄れないし

このような事情もあり16-80mmに一本化してしまう道が一番スッキリするのではないかと思う。懸念があるとすれば16-80mmのチープさとテレ側の画質とヌケ、そして私の16-55mmがボロボロで売れないかもしれないという可能性ぐらいだろうか

そして16-80mmがあれば正直なところあまり使いたくない10-24mmの使用機会を減らすことができるのではないかということ
個人的にこのレンズの描写は残念になることが多く(ワシが下手)16スタートのズームレンズは本当にありがたい。それに加え16-55mmは前述の通りでかい重いなので頻繁にレンズ交換する疲労を無くすこともできそう。これは撮れ高につながる

富士フィルムへの愚痴

ここは飛ばしてくれて構わないのだが最近発表される富士フィルムのレンズはデカイか小さいかで二極化していて丁度いいサイズのレンズが少ない

等倍マクロが出てくると期待していたらアホみたいに長い煙突みたいなのが出てきて超広角を待っていたらサイズも値段もアホみたいにでかいレンズが出てきて小さめのレンズが出ると聞いていたら似たりよったりでボディデザインにも合わなそうな豆粒レンズが出てきたりと私の琴線にまったく触れない感じ

APS-Cはベストバランスだったんじゃないのかフロント超ヘビーとボディヘビーのどこがベストバランスなのか

23mm・35mm問題

そもそも自分の中で23mm・35mm問題が未だにハッキリしていない

自分はどちらの目なんだろうかと考えてみると23mmだと少し広く感じるけど35mmだと狭く感じる…
27mmぐらいの可能性もあるが富士フィルムで買うのであれば23mmか35mmのどちらかだ

単純に考えると23mmのほうが使い勝手が良いのだが焦点距離が被りやすい問題がある
まぁもしX100シリーズなどで被ってもカメラ二台は持ち出さないので気にするべきは交換レンズ間での被りだろうか

自分の傾向を探る

シチュエーション別

必要なレンズを考えるのであれば自分が撮るものを整理していく必要がある。簡単に以下の表を作成
撮る頻度はそのまんま。撮りたい度合いは今後撮っていきたい気持ちの強さです。自己評価はそのまんまなのですがお前違うだろってところは許してください

撮る頻度撮りたい度合い自己評価
都市写真
自然風景
ストリートスナップ
建築
ブツ撮り×
生活写真 (室内)
ポートレート×××

注目すべきは頻度が少なく撮りたい度合いが大きいのに自己評価が低いもの。
[ストリートスナップ・ブツ撮り・生活写真]の3つが今後改善が必要なものかもしれない。ポートレートは論外として

この3つの要素をそれぞれ紐解いていくと
・ストリートスナップ → 広角~標準域。撮り歩きの性質上ボディとの丁度よいバランスが求められる。スナップは寄れるほうが良い
・ブツ撮り → マクロレンズ、またはズームができて寄れるレンズ。明るさはそこまでいらなそう
・生活写真(主に室内で) → できるだけ広めで明るく。できれば寄れてボケるほうがありがたい

これらの要素を踏まえつつ都市写真にも活かせるレンズが必要

撮影スタイル

根本的な話ですが私は実際にどうやってレンズを使いまわしているかということ

バッグにレンズポーチを取り付けて撮影をしていますが試行錯誤を経て現在はXF16-55mmを基本にしてレンズポーチにはXF56mm APDを備えている
以前まではXF10-24+小型単焦点2つだったり、レンズポーチを2つにして10-24,16-55,56APDといったものもあったが取り替える回数を考えると基本的には2本のレンズを外へ、それ以外のレンズはバッグ内へというのが一番運用しやすかった

実際にはこれでもレンズが多く、バッグの中の控えレンズまで含めて3本に抑えたいのだがまだできていない
ボディやレンズを変えても大して写真は変わらないし実際に撮影で使い回せるのは3本が限界だとはわかっているが写真の幅を増やすためレンズは5本まで所持したい

理想のレンズシステム

以上のことから考えると
・XF8-16mm
・XF16-80mm
・XF23mm F1.4
・XF56mm F1.2 APD
・XF55-200mm
が私の重量などを無視した理想的なレンズ構成になるかと思う

だが実際は8-16mmが10-24mm、55-200mmが50-230mmに落ち着くのが現実的か
ボディとの兼ね合いもあるのでここらへんが不自由なく写真が楽しめるところだろう

さいごに

ただ独り言をダラダラと書いてきたがようやく自分のレンズシステムを考えられたと思う

将来どこのマウントを使うのか今の私にはわからないが新しいレンズが発表されない限りはこのレンズラインナップを目指していきたい
ひとまず仕留めるべきはXF16-80mmか….頑張らなくては