今月で閉店してしまう「ウェアハウス川崎」に行ってきました


皆様は1990年代まで香港に存在した九龍城砦というスラム街をご存知だろうか

古くからある砦が取り壊され、そこの難民が押し寄せ上へ上へと違法建築がなされていったかつて存在したロマンあふれるスラム街。そんな九龍城砦をモチーフにしたゲームセンターが川崎にあることもご存知だろうか。私自身も川崎市生まれなので度々耳にはしていたが実際に行ったことはなかった。しかしこの奇妙なゲームセンターも1990年代の九龍城砦と同じく11月17日に閉店になるようなのだ。実際経営状態が悪いというわけではなく大家とのアレコレらしいが閉店してしまうことには変わりない

なくなってしまうその姿を最初にして最後の来店をすることにした

ウェアハウス川崎へ

ウェアハウスには川崎駅から少しばかり歩く必要がある。外観は奇妙すぎるので見てわからないことはないと思う。なぜ「あなたの」ウェアハウスという名前なのだろう。私のなのか?

ウェアハウスは一日五食も食べるのか…?

そんでこれが正面入口。よくわからないが歓迎してくれていることだけはわかる

中に入るとこんな真っ赤な扉がお出迎え。ちなみにここの入り口は開くときに物凄い音がなるのでみんな悲鳴を上げている。老人ぐらいなら息の根を止めそうな勢いだった。ちなみにこの場所は18禁です。心臓が弱い方も注意しよう

そんでこっちが駐車場側の入り口2。陰陽五行みたいな穴の中を通る。コッワ

1階

一階はまだまだ序の口。細い通りではあるが雰囲気があるので一気に世界観に飲み込まれる

壁に貼ってある紙は医療系や風俗系のものが多い感じ。本当に正しい中国語なのかもわからぬ

一階の通りにあるお店は飲食店らしい。奥の方から作っている音が流れていてなんとも不気味

2階

エスカレーターで二階に上がるともう完全に舞台そのもの。この空間にゲーム機がならんでいることがすごい違和感

肉屋の汚さの再現率は凄い。油で黒くなった排気口とかとにかくこんなとこにいたくないな感というか嫌悪感も凄い

郵便ポストも汚い。WHATってこちらが言いたい

昭和感漂う風俗と梅毒など書かれた紙。舞台的には遊郭とか売春宿的な設定なのかなここは

3階

こんなとこ住んでたら一週間で鬱になりそう。サイレントヒルみたいだ

トイレがやばい

実は一番の見所がトイレ。滅茶苦茶汚い。いやトイレって汚いものなんだけどそういうことじゃない。とにかく汚い雰囲気なのが凄い

小学校のころあった石鹸を吊るすやつがまさかここでまた見ることになるとは。いやにしても汚い。トイレだから関係なくきれいに作ろうとしないところが素晴らしい。逆に洋式の便器がきれいに光り輝いているのが凄い不気味だった。むしろ和式のほうが似合いそう

あらかた見終えたので帰ることにしました。そこまで大きくはないですがいつまでも撮影したくなってくる雰囲気です。これがなくなってしまうのは悲しいな

川崎はブラブラするのも楽しいよ

撮影という点においては川崎もそこそこ楽しいかもしれません。九龍城砦みたいな汚さとは違うまた別の汚さがありますね住んできた身からすれば。ブラブラすればなにか見つかるかも

さいごに

なくなってしまうのは悲しいですがやむを得ない事情らしいので仕方ありませんね。写真で紹介した通り面白い場所なので閉店する前に行ったことない人は行ってみることをおすすめします

もうすでに閉店のしらせがあったせいか昼間にも関わらずかなり多くの方が来場されてました。閉店に近づくにつれて更に増えていくと思うので行くのでしたら早めに行くことをオススメします