まだ有線イヤホンを使っているあなたに。Anker『Soundcore Liberty Air 2』レビュー


生まれてからずっと有線イヤホンと共に人生を歩んできました。晴れの日も雨の日も嬉しい日も悲しい日も…。時には無くしたり断線なんかもしながら音楽ライフを歩んできた私がついにワイヤレスイヤホンを購入しました

電力会社による音質の違いやマイ電柱なんかも持っていない素人の私ですが有線ユーザーの初めてのワイヤレスレビューをしていこうと思います。あくまで個人の感想になりますのでご了承ください

Soundcore Liberty Air 2

スペック

今回購入したのがPCやスマホの周辺機器類で有名なAnkerから発売されたAnkerの『Soundcore Liberty Air 2』です。スペックとしては以下の通り

連続使用可能時間7時間(充電ケース込28時間)
対応コーデックAAC / SBC / aptX
防水性能IPX5等級
Bluetooth規格Bluetooth5.0
USBUSB Type-C
重量10g(両耳) 53g(ケース)
ケースサイズ4.9 x 5.6 x 2.4 cm

イヤホン単体では7時間、ケース込みで28時間も連続使用することができます。そして高音質の圧縮「AAC」にくわえ「apt-X」にも対応しているのでスマートフォンで高音質な音楽を楽しむことができます。イヤホン自体もコンパクトですしIPX5等級なので少しの水濡れぐらいなら安心して雨の日も使用することができるので日用使いに向いています

製品開封

とりあえずは開封の儀から。外観はまぁ普通ですが裏面も全て英語

中を見てみましょう。右側から見開きのように開けるスタイルですがこの値段帯とは思えない高級な造り。パッケージって性能には関係ないですがテンション上がりますので大切ですよね

付属品は以下の通り。余計なものはつけないところは印象が良いです。上の説明書はペアリング方法や操作方法が書いてありますので要チェックです

イヤホンとケースがこちら。ケースはつや消し仕様のマットな造りで高級感があります。そして驚くほど小さい

私が使用している小型のオーディオプレイヤーであるAK100MK2と比べても小さい。4.9 x 5.6 x 2.4 cmというサイズ感なのでポケットに入れておいても嵩張らないのがありがたい

充電はワイヤレスも対応していますが通常はUSB Type-C。今ではケーブルを一式揃えたいでしょうしType Cというのが小さいように見えて必須な項目ですね

一応スマホのHuawei P20 Liteと比較

デザインが良い

巷では黒いうどんと噂されるデザインですが個人的にはかっこいいと思います。前世代のLiberty Airと比べてテカテカ感はなくなり赤のアクセントも合わさり高級感が出ています。そんなにメカメカしくないイヤホンが使いたい方にもおすすめできますね

イヤホン単体での操作

イヤホンだけでも操作することができます。以下が基本的な操作方法です

右2回タップ再生/一時停止/受話/終話
右2秒押し 曲送り(次の曲)
左2秒押し曲戻し(前の曲)
着信/通話中に右2秒押し 着信拒否/通話切替
通話中に右2回タップキャッチホン
左2回タップ 音声アシスタント起動

2回タップするときは早めに「タタッ」と押すよりかは「タッタッ」とシッカリやったほうが反応してくれやすいです

音質は?

あまり高級な耳ではないですがこのイヤホンの第一印象は所謂ドンシャリですね。低音は想像よりズンズン来ますし中音も多少の広がりはありますが高音が軽くてシャリシャリしているので最初のうちは痛い音に感じるかもしれません。ボーカルも全面に出るような圧は薄いので悪くはない無難な感じかなというのが個人的な感想です

アプリとの連携

そんなシャリシャリ音を改善する方法がAnker製のイコライザーアプリ。22種類のプリセットに加えて自分好みに計測もして調整してくれる「Hear ID」があります。まぁ実際そこまで良いものではないのでプリセットの使用をおすすめします…

Soundcore

Soundcore

[コントローラー]ではイヤホンをタップしたときの動作やイヤホンを外したとき音楽を自動で停止するかどうかも変更できます
個人的なイコライザーのおすすめは[アコースティック][ディープ][話し言葉]とかですかね。[ディープ]が一番高音のシャリシャリ感を消してくれるのですが音がこもったようにも感じるのでここらへんは個人の好みですね

気になった点

・高音のシャリシャリ感
・音の途切れが多々ある
・ペアリングがうまくいかないときがある
・片耳しか聞こえないトラブルあり?

ワイヤレスでは宿命ですが音の途切れが多々あります。都心で少し使ってみたのですが流石に混雑しているところだとプツプツしてしまいますね。それに加えてたまにイヤホンがうまく認識されずスマホ側のBluetoothとイヤホンのon/offを何度かやり直してようやく認識ということもありましたので事前にそういうこともあるということを知っておいたほうがいいです

また一番最初に端末とペアリングする際、うまくできず片側しか音が聞こえないエラーもネット上で散見されています。本来であればケースから取り出した段階で左右ペアリングのあと自動で端末とのペアリング準備に入り、端末側でイヤホンを選択すればそれで設定完了できる簡単な方法なのですが、それだとエラーが起きる場合もあるのでケース裏側にあるボタンを押してのペアリングをおすすめします

さいごに

やや音質に不満はありますがその他の部分においては値段以上に価値のあるイヤホンだと思いました。魅力的な機能性を高品質なデザインに落とし込んだこのイヤホンは間違いなくオススメできます

私はデザイン的にもこちらのほうが好きなのでAir2を選びましたが音質が優れたLiberty2もありますのでご自身の用途に合わせて選んでみるのも良いでしょう

私はこれに合わせたオーディオプレイヤーを検討しようと思います

それでは