斑鳩三塔を巡る


とある事情があり飛鳥の風薫る斑鳩町へやってきた

斑鳩町といえば法隆寺でしか知られていない場所だと思うが斑鳩三塔という言葉があり法隆寺の他にも法起寺・法輪寺があるのだが訪れる人は少ない。ならば私が撮るしかないだろうそうだろう

法隆寺

奈良といえば法隆寺。なんとこの時期は修学旅行生とバッティングする季節でした。今は魅力がわからないだろうがいずれこの渋さがわかるようになると思うよおじさんは

でもまぁ法隆寺の中へ入るのはバカ高いし以前入ったので今回はパス。前来た時は修理もしていたのでまた入りたいんだけどね

法隆寺周辺は瓦も渋いし土壁も渋すぎる。瓦の装飾も凝っていて鬼瓦なんかもあるので見ていて飽きない

斑鳩町の何が好きかってそこらの民家ですら威風を放つものが多くてあぁ奈良だなぁとなる。逆に京都はそこのところがなってなさすぎる

法輪寺

うねった先にあるのは法輪寺。落雷により消失してしまった仏塔だが現在では再建されて今に至る。どこも昔は広大な伽藍を誇ったようだが今その場に昔日の面影はない

法輪寺のあとは少し歩き法起寺へ。法起寺の横にも大きな塔があるようだ

法起寺

こちらは創建時の姿を残す法起寺仏塔。荒廃時は塔の他に何もなかったようだがよくぞ今も残っていてくれたと感じる渋さだ

遠くへ歩いても悠然と立つ仏塔が見える。奈良では盛んに見られるコスモスも咲き美しい奈良の景色だった。やはり私は京都よりも奈良が好きだと感じる。南部は行ったことがないんですがね