ShorTrip Vol.6 -富士見えぬ山梨-


外国から帰ってきた私は富士を見たい欲求に駆られていた

東京在住の私にとって山梨に行くことは容易い。ただし台風通過後も天候が非常に悪く富士を見れない可能性がほとんどであったがそうなったらそれでもう仕方ないだろうということで小旅行の開始

新海誠監督の『天気の子』を最近見たばかりなのになぜこんな天気に。私は天気の子ではなかったのか…
そんなことを言いながらも映画の影響を受けて雲ばかりを見つめていた今回の旅行

日本の風景を見に行こう

甲州巡り

山梨の始まりは河口湖から。ロープウェーで登った先のカチカチ山からは圧巻の富士山を拝むことができるのだが霧がかっていて何も見えない…仕方がないので遊覧船ではなくジェットに乗り込み高速で河口湖観光を敢行

山が見えぬなら花を見る。山中湖寄りにある『花の都公園』が非常に綺麗で山との組み合わせも素晴らしい。時間があれば清流の里に入って見るのもよろしい

勿論ぶどう狩りもします。ちなみに今年は雹が3度降って桃が最悪なようです。見掛け倒しで味がよろしくないそうなのでご注意を

富士にも飢えていたが神社にも飢えていた。古来から信仰される富士を祀る本宮といえば『北口本宮冨士浅間神社』
まず目に入る鳥居が厳島神社の鳥居のような風格がありもうそこで私は満足。唐破風の渋さも漆が経年変化した渋い朱色も久々に私の心に日本を届けてくれる…ご馳走様です

所変わり突然のお宿紹介。今回はコテージ?タイプだったのでまるで別荘にいるような感覚になり非常にリラックスできました
キッチンもあるので白ワインを開けてBBQやカレー作ったり、疲れたらジャグジーでしゅっぽりと最高です。これには私の愛犬もニッコリ

神社に飢えていた私は仏閣にも飢えていた。山梨で名高い古刹といえばぶどう寺の名で知られる『柏尾山大善寺』はぜひとも訪れたかった。甲州葡萄発祥の地でありながら武田勝頼や近藤勇との縁も深く、本堂が国宝に指定されている由緒正しき古刹だ。この美しさは実際に目にしないと伝わらない

私はこの甲州と信州の山々と平野が好きだ。人の生活がそこにあるんだと認識しやすい。機会があれば一度ひとり旅で甲州巡りをしてみたい。できれば高所ばかり探索してね

天気は優れませんが五合目まで向かいましょう。下から見る天気と上から見る天気が同じとは限りません。むしろ下が悪いほど上からの風景がいいかもしれません

五合目からの風景は圧巻でした。『天気の子』を見たあとでこの雲を見るとこれでいいんだよという気持ちが湧いてくる。別に雲一つない快晴じゃなくたっていいのさ

といっても富士五湖からは富士山を全く見れていなく悔しいので奥庭展望地へ向かう。そこから見える景色はまさに圧巻
雲よりも高い場所から雲の群れを眺める。富士フィルムで撮る富士の雲。贅沢ですね

自然風景は撮るより見ていたい派なのだけどファインダーを覗くたびに息を呑む。たまには曇りでもいいじゃない

湖から富士は見えず。されどそれでもいいんです
山梨には富士山を中心とした文化が沢山ある。富士が見えなければ神社仏閣を見ればいい、平原を見ればいい、雲を見ればいい
また山梨に来ましょう