悲しくも染みる曲。最近聞いている音楽たち


憂鬱な気分の時、どんな音楽を聴きますか

多くの人は明るい音楽で暗い気持ちを吹き飛ばすという超人みたいなことを言うかもしれませんが私の場合は逆に悲しい曲調の音楽を聴きます
春が来たら桜を見るように、冬が来たら鍋を食べるように、悲しくなったら悲しくなろうということで今回は最近聞いている悲しい音楽たちのご紹介
そこの前向きなあなたもEDMしか聴かなそうなあなたも作業用BGMとしてどうぞお聞きください

最近聞いている曲たち

別野加奈

最近とは言うけれどもう二年前ほど前から聴き始めて止まることなく最近もずっと聞いている別野加奈さんの音楽たち
独特な曲調という世界観というかなぜだか染み入るものがあります。今年の冬にも何やら動きがあるそうなので注目しています
ハマる人はハマると思う

[.que]

普段は[.que]さんのインスト曲ばかり聞いていますが声があっても作曲がいいとやはり素晴らしい
明るいような悲しいような。こういった曲調も好みです

sheeprint

伝説的な三人組バンドsheeprint。出たアルバムは全て廃盤だそうです
この緩いようで確かな世界観があるのがたまらない


Predawn

透明感のある歌声が取り巻く音を引っ張っていくような感じに吸い込まれる
特にRayonsとのフィーチャリングでの前奏が本当に好き



KITAKEN

ネット上で野生のBUMPとして話題になったKITAKENさんの音楽がなぜかBUMPを特に好きでもないのに引き込まれる
まぁ提供した先がエ〇ゲ曲なんですが何の問題ですか?

悲しみが一番染みる

明るい曲もいいですが私的には悲しい音楽が一番染みます
バック走で前に進みを体現しているような私にはそれが一番お似合いなのかもしれません

もしこの音楽たちを聴いてみてこれも好きそうだなっていうのがあれば教えていただけると幸いです

 

Comment