Photograph Park

美しい風景を、美しいカメラで。
富士フィルムと旅したこれまでの記録をギャラリー形式で

ギャラリーへ
スポンサーリンク

寫眞閑談 Vol.1 -目指す現像やレンズだとかのこと-

FUJIFILM

どうもこんばんは
他のブロガーの方が色々な週間記事とかやっていて私も何かやってみっかなーと思ったのですが
定期的に記事を書くのは厳しいし話題もないし、そもそも私に興味なくね?となったので
私が唯一話すことができる写真に纏わる気になる点や疑問点なんかを見つかり次第定期的にボチボチ書いていこうかと思います

あれ?誰得かな?

求められる現像は映画の切り出し?

もう自分の現像が迷走しすぎ、もとい不満足なので色々な人の写真をよく見ているのですがSNSとかで人気の写真って共通点があるような気がしてきました
人気の写真って写真というよりかは映画の切り出しなんですよねぇ。現実的なんだけど滑らかな絹のようで映像のような空気感を含んでいるものが多いかなと
私の写真ってやっぱりまだ「写真さ」があるんですよねぇ…。私自身写真らしさを感じる現像を望んでいるので悪いわけではないのですがやはりまだその写真らしさが幼稚に感じることもあるのでくどく感じないように映画のような質感にしたいのですがやはり難しい
あと黒が基調になりがちなのも問題かな。個人的には白を基調としていきたい

どうやって滑らかにするのですか…?

私の写真、緑の色味が気持ち悪いような

これは永遠の課題なのですが私の写真って緑の色味が気持ち悪い
なんか緑というか青緑のようで不自然だしちょっとくどいかもしれない
私の個人的な考えとして赤・青・緑の三色が良い色味なら他もいい感じになるって考えなのですがその中でも緑の調整が一番難しい
赤とかは光の当たり加減が悪くてもそこまで色味は悪くならないのですが緑はなぜここまで気持ち悪くなるのか…

次のステップに進むためにも現像の研究をして写真の傾向を変えなければなりませんね

びっくりするくらいポートレートに興味がないのに

冷静に考えてみると私ってポートレートを撮るのも見るのもあまり興味がないことに気付いた
それなのに巷では最強のポートレートレンズと言われているXF56mm f1.2 APDが欲しくてたまらない
まぁ買ったからといってポートレート撮るわけではないのですが…なんか一応写真撮りとして撮らない分野とかあってもいいものなのかなと

というかXF56mm APD買ったらXF16-55と画角的にはかなり被るんですけどいいんですかねこれ?

初めて「たけさんぽ」に参加します

今までオフ会的なものに参加したことなかった私が11月24日に初めて普段から懇意にさせてもらっているたけしさんの「たけさんぽ」に参加します

#たけさんぽ東京 開催!開催日は2018年11月24日(土)!
UPDATE 2018-07-31 参加者の方の人数が上限の70名に達しましたので、募集を締め切りました。 参…

いやまぁ正直ガクブルですよね
私の年齢が比較的若めなのともし皆さんの中の私のイメージと違ったりして「想像と違う。チェンジで」なんて言われたらと思って震えています(嘘)
初めてブロガーらしいことをするような気がして不安ですけど楽しみです

さいごに

というわけで写真に纏わることを淡々と書いてきましたがこんな感じで定期的に書いていくつもりです
なにかカメラに関することで気になったことや疑問点などコメントしてくださればそれについても書いていくつもりですのでお気軽にコメントください

まぁ今後の記事の殆どは現像に関することになるような気がします…頑張ろう

Comment