Photograph Park

美しい風景を、美しいカメラで。
富士フィルムと旅したこれまでの記録をギャラリー形式で

ギャラリーへ
スポンサーリンク

ロスレス圧縮、始めました。

FUJIFILM

どうもこんばんわ、エゾギクです

アメリカ旅行でX-T2のシャッターをぶち壊した私ですが、なんと京都旅行でもやらかしていたこともあり再修理対応で無償で修理してもらえることになり狂信者化しました
そんなこんなでX-T2の設定を1から設定し直していたわけなんですがふと目にした「RAW記録方式」を見てみるとロスレス圧縮という選択肢があり、調べてみるとかなり有益だったので書いていこうかと思います

スポンサーリンク

ロスレス圧縮とは

ロスレス圧縮とは富士フィルムの公式HPによると

データを圧縮してRAW画像を保存します。RAW FILE CONVERTER など圧縮解凍に対応したソフトウェアを使うとデータを欠落させずに復元できます。非圧縮 に比べてファイルサイズが小さくなります。

らしいですよ(他人事)

簡単な話、画質そのままに容量を小さく。というものらしいです
ハードウェアで処理をするので高速で、画質の低下をなしに40~50MBのものを20~30MBにできるとのことです

これは大量に写真を撮る人にはかなり重要なことですね
私も写真がたまりすぎてHDDが悲鳴をあげていたので朗報です。よく見つけた俺

ただし現像ソフトに読み込む際は解凍という手間が発生するので時間が少し増えるとかなんとか…
時間と容量どっちを取るのかという問題なのかもしれない

 実際に、やってみた

手順は簡単。X-Pro2以降に発売されたカメラなら設定の欄に「RAW記録方式」があると思うのでそこからロスレス圧縮を選ぶだけ

DSCF0002.JPG

DSCF0004.JPG

容量が半分以下に

実際にロスレス圧縮にして撮影した結果、非圧縮で47.9MBだったRAWファイルが19.5MBになりました
JPEGの二倍程度に収まり、旅行先でも転送時間が短くなりそうです

転送だけではなくSDカードに記録できる枚数も増えることになるのでいいことだらけではないでしょうか

終わりに

どうして最近まで気づかなかったのかと自分のアホさを嘆くばかり
短くはなりましたが私のようにHDDの容量に悩む方がいればロスレス圧縮を考えてみてはいかがでしょうか

 

それでは

 

Comment