Photograph Park

美しい風景を、美しいカメラで。
富士フィルムと旅したこれまでの記録をギャラリー形式で

ギャラリーへ
スポンサーリンク

キャンペーン中だったので二種類のフォトブックを作ってみた

カメラ

どうもこんばんは

皆さんは写真の管理をどうしていますか

大体の人は私のようにLightroomにぶち込んでたまに見返して満足という感じの人が多いかもしれません

 

それかプリントして部屋に飾ったりと様々あります

私もCanonのip8730というA3ノビも印刷できるプリンターを持っているのですがどうせなら

本のようにして見返せたらなと思いフォトブックを申し込んでみることにしました

スポンサーリンク

どの会社のフォトブックにするか

フォトブックと言っても沢山会社があってよくわからないですよね

色々調べてみて自分的にはキタムラのフォトブックがいいかなーとか思ったのですが

焦ることはないキャンペーン中のフォトブックで試してみればいいじゃないか!ということで

今回はキャンペーンで安くなっていたPHOTOPRESSOCocoalという2社で作ってみました

PHOTOPRESSO

 

キャンペーン中で300円だったのでお試しがてら申し込んだPHOTOPRESSOですが300円にしてはやるなぁという感じです

ソフトカバーの冊子サイズで画質はかすれていて彩度は高めといった感じでしょうか

適当な写真を保存するには問題ないかと思いますがこれならシマウマプリントでもいいのではというのが素直な感想です

500円以内なら許せるかな

Cocoal

こちらはCocoalのフォトブックでキャンペーンで3000円位だったと思います

Cocoalの評価できるところは写真のレイアウトがしやすく無駄なスペースを省くことができるのがいいところです

 

会社によっては隙間空きまくりなレイアウトしかなく、その分ページ数が増え

料金が増すというところもありますので私的には好感度高いです

画質については上々で最高ではないにしろ満足できるぐらいにはなっていると思います

 

表紙はハードカバーでいいのですが、無線綴じであり合紙製法ではないためページがフラットにならないのが少し残念です

Cocoalでは今まで撮ってきた写真の中で比較的気に入ったのを年代順に並べて作った「少し本気」のフォトブックにしておりまして

「本気」のフォトブックを作るなら少し高くなりますが、合紙製法のフルフラットタイプをオススメします

最後に

作ってみて大事だと思ったのが

・値段と質のバランス

・レイアウトのしやすさ

・画質がよく合紙製法であること

が重要だと感じました

 

次作るときはイタリア旅行をまとめたフォトブックをキタムラの方で作ろうかと思うのですが

全部まとめると5000円くらい行くのに加え、レイアウトも微妙でレビューがあまりないので少し不安です

 

11月までキャンペーンしてるのでそれまでに考えときます

それでは

Comment