トラベラーズノートのちょっとしたカスタマイズ


はいどうも
写真ブログとしてやっているのになんか持ち物紹介ブログみたいになってしまっていますね

そんなこんなでトラベラーズノートのちょっとしたカスタマイズをご紹介

トラベラーズノートってなんだっけ

旅行をするときに多くの人達が使っているのがトラベラーズノートです。
もうすこぶる有名なので説明するまでもないのですが簡単に言うと旅の記録を写真とか絵とかで自分なりにカスタマイズしながら楽しもうってスタンスのやつです

f:id:dak2park:20160814200001p:plain

私も二年ほど前にキャメルのパスポートサイズを買っており最近使いもしないのにレギュラーサイズを買ったので、二冊保持しています
悲しいことにパスポートサイズのトラベラーズノート(ほぼ未使用)を押入れから発見し、じゃあ旅で利用しようということで最近やっと本格的に利用し始めました

そんな初心者の私がどんな微妙なカスタマイズをしてるのか書いていきます

外観

キャメルなのですがオイルを塗って日が経っていないので色が濃く出ています
表にはWILDSWANSのWakers(kf-003)を買った時についてきた靴の形をしたサドルプルアップ革シールを貼っています。豪華だ!

裏面にもWILDSWANS店舗で購入した時にもらえる革のシールを貼っています
ちなみにバーガンディーは猫でブラックは象です

今では定番になったキャメルですが私は限定時代に買ったので緑のヒモだけとなっています。今のキャメルには緑のヒモはついているのかな?ちょっとそこはわからないですけど、緑がとてもセクシーです。

限定リフィルです。中は香港のフェリーについて書かれていますね
なんかフェリーの搭乗券もついていたのですが勿論香港とは縁がないため見事搭乗券は期限終了で大往生しました

ミンクオイルを塗ってカスタマイズへ

傷もだいぶついていたため、オイルを塗ることにしました
コロニルでもよかったのですがミンクオイルがあまり使われていなかったので今回はミンクオイルでやってみることにしました

まず馬毛ブラシやキメの細かい乾いた布で汚れを落とします
その後オイルを少し指に取り、キュッキュと押しこむように全体に行き渡らせます
しっかりと布などで磨いたら日当たりの良い場所で1日~2日ほど干します

これには僕のペットたちも大喜びですね間違いない

小さな小さなカスタマイズ

まず最初にペン差しがないので作ることにしました
すでにミドリの方から純正品のペン差しが出ているのですが最悪自分のマネークリップでもできるのでは?と思ったためペン差しはそれに決定

なんかもう一個やりたい…

丁度WILDSWANSの小銭いれに挟まっていた長方形の革が余っていたためなんかに使えるかなぁと思いそこで閃いた内ポケットを作ることにしました

ただ、トラベラーズノートに縫い合わせるのは論外…
個人的にトラベラーズノートの魅力はステッチがないことにあると思います
ではボンドか?いや白くなるしバリバリになるかも・・・却下

そこで先ほど貼ってあった革シールの両面テープはなにかなぁと思い調べてみた所
日東工業のNo.5000NSという名前であることが判明。試しに購入してみることに

むむむ、これは強い!見事に吸着し固定されたではないか!
これは写真を貼るのにも良さそうだし使えそうです

結果このような状態になり小さなカスタマイズは無事終了
だがしかし・・・これあんま挟めねぇなということに気が付く

原因はテープの幅が少し広かった事にありますね。これはまた一つ学びましたな
ですが逆に挟む力が強かったのでカードを1,2枚挟むのに使えるカード入れとして使っていくことに決めました

最後にトチ狂った行動

カスタマイズが終わり整理していると、WILDSWANSさんからもらったコーヒー豆がパンパンになっているのを発見。焙煎日は去年という有様

どうするか悩んだ末、豆がとても良い匂いなのでトラベラーズノートに匂い付けをすることにしました。いい革にやってはいけませんよ絶対に
豆を少し入れビニール袋に突っ込み一日熟成したら、いい匂い香る新生トラベラーズノートの完成です。

さいごに

こんな感じでとりあえずのノートは完成しました
久々に使ってみて思ったのが、パスポートサイズが軽くて万能だということですね

まだ私のノートのカスタマイズは全然なので、スタンプやチャームをつけてポップな感じにしていこうと思っています
改造したらまたその時は記事にしますかね
もっとも、大事なのは外観じゃなくて中身を充実させることなのでこれからの旅行にバンバン使っていく予定です

果たしてレギュラーサイズは日の目を見ることはあるのだろうか・・・

それでは